大人英語×おうち英語×子育て

0歳からの英語記録|おうち英語は赤ちゃんとの貴重なコミュニケーションツール

0歳からのおうち英語。やってみたいけど、何をどうすればいいの?

娘こはむも1歳になったので、はむ家の0歳おうち英語の記録をご紹介します。

途中、某NHKの番組に惑わされて英語をやらない時期がありましたが、今はとても楽しくおうち英語の取り組みができています♬

実践したこと、効果、続けるためのコツをご紹介します!

おうち英語のキッカケと目標

娘こはむのおうち英語のスタートは0歳2か月でした。キッカケは「なんとなく」でした。自分も英語やっているし、娘にも小さいうちから英語やらせたら楽しいかな~くらいの気持ちでした。

英語ペラペラにしたい!という気持ちは今のところはありません。

0歳のうちから英語に慣れさせることで異文化と英語に興味をもってほしいと思っています。将来こはむが「英語をやりたい!」と思ったときの土台作りが目標です。

日本語という軸がある中で英語はあくまで第二言語として捉えてほしいという思いがあります。

また、これが実はかなり重要と思っているのですが、「おうち英語」をキッカケに親子で触れ合ったりコミュニケーションを取りながら親子の信頼関係を築いていきたいです。(要は楽しみたい♬笑)

1歳になるまで親であるわたしのモチベーションのアップダウンはあったのですが、試行錯誤を繰り返して今のスタイルに至ります。

ちなみに我が家はベネッセのワールドワイドキッズを使っています。こちらが軸になっているので、もしご存知ない方はこちらの記事も参考にしてください。

www.hamikuji.com

実践したこと

実践したことはこちらです。

  • 英語絵本の読み聞かせ
  • 英語のお歌遊び
  • 英語での語りかけ
  • 英語リトミックのイベントに参加
  • 英語のDVDの視聴

英語絵本の読み聞かせ

はむ家のおうち英語の軸になっています。

毎晩眠る前に絵本の時間を作っているのですが、その中に必ず英語の絵本を入れるようにしています。

最近では好きな絵本を持ってきてくれるようになりましたが、英語の絵本も持ってきてくれます!コレは0歳からおうち英語を始めた成果ではないでしょうか!?

絵本とこはむの手

2か月から絵本の読み聞かせを始めたのですが、最初はじっと絵を見つめるだけで、「ほんとに聞いてるのかなー?」という感じでした。

ところが、4か月くらいから絵本を自らめくるようになり、5か月からは仕掛け絵本の仕掛けを動かすようになりました!!

11か月になるころは、わたしの声の真似をするようになりました。

やっぱり、小さいうちからの働きかけが重要なんですね。

図書館でたくさん英語絵本を借りてきて、気に入ったものを買い足すという方法がおススメです!

気に入った絵本は舐めたり折り曲げたり好きにさせてあげたかったので。

英語のお歌遊び

自力で音源を探すのが苦手なので、ワールドワイドキッズのCDを使っていました。

ワールドワイドキッズのStage0(0歳児向けの英語教材)のCDには、ふれあい遊び用の英語の曲がたくさん収録されているんです。赤ちゃんらしいかわいらしい曲ばかりでとても重宝しました。

“Head and Shoulders”と”If You’re Happy and You Know It”がこはむはお気に入りでした(「あたまかたひざポン」、「幸せなら手をたたこう」)。これも寝返りできないうちから、こはむの手を持って振り付けしながら歌っていました。ニコニコ笑って反応してくれました。

また、抱っこをして鏡を見ながら、”Muster Musicians”(「山の音楽家」)を体をゆさゆさしてリズムをとりながら歌うのも好きでした。泣いているときでもコレをするとすぐにキャッキャッと笑ってくれました。(あぁ~懐かしくて涙が出そう!笑)

まだまだ抱っこの赤ちゃんのうちから英語の曲で楽しく親子の時間を過ごせたので、おうち英語以上の価値があったと思います。おうち英語をやっていなかったらこんなふうにお歌遊びしなかったかも。

英語での語りかけ

これはモチベーションの問題で日によって増減があります。ですが、1日一言も英語で語りかけないという日はなかったです。

簡単な挨拶(”Good Morning”や”Good Night”)やオムツ替えの声がけ(”May I change your diaper?”)などをよくしていました。1日の予定を英語で言うのもよくやりました。

体の部位を覚えてくれたらいいな~と思い、体の部位を言いながらお風呂で体を洗ったり、朝起きたら体を拭いたりしました。

反応はいつもイマイチです…笑

英語リトミックのイベントに参加

まだ数回しか経験がないのですが、英語リトミックのイベントがあれば積極的に参加しました♬

イベントではみんなで英語のお歌を歌ったり、簡単な英語で先生とやり取りしたりしました。(0歳児はまだ話せないのでお母さんが代わりに話します。)

おうち英語で大切なのは、お父さんお母さんが英語を楽しんでいる姿を見せること」です。なので、イベントではこはむ以上にわたしが楽しんでいました♬笑

こはむも毎回ノリノリで、英語の歌に合わせて腰を振って踊ったり、魔法の杖を振ってゴーストを追い払ったり(ハロウィンのイベント)、これまた英語に関係なく楽しい時間を過ごせました。

英語のDVDの視聴

こはむとワールドワイドキッズのDVD

まだ0歳児なので普段はTVも消していて映像ものはなるべく見せないようにしていました。

ですが!生後半年のときにワールドワイドキッズのStage0のDVDをためしに見せてみると、ニコニコ笑いながらじっと見ていたんです!

メインキャラクターのMimiちゃんが”Peek-a-Boo!”と言っていないいないばぁをするとキャーと笑い声まで出していました。

こんなに反応がいいならもっとDVDを見せてあげようと思い、1日30分まで英語のDVDを解禁しました。

ちなみに個人的に調べた結果、良質な教育番組を親子で楽しむのならTVも効果的だと知りました。なんでも知らずに禁止は良くないですね。

※TVばかり見せると視野が狭いまま成長してしまいます。最近では黒板の字をノートに書き写す(遠くのものと近くのものを交互に見る)のが苦手な子が増えているのは幼いうちからTVを見る時間が長いからと言われています。

その他

その他に使用したのは、やっぱりワールドワイドキッズの教材です。

英語の音楽が鳴る絵本や振るとカラカラ鳴る積木をよく使っていました。0歳なので、さまざまな音を聞いて聴覚を育てるという意味で、いろんな音のするマラカス(お米や小豆を入れた手作りボトル)を作って一緒に振って遊んだりもしました。

音が鳴るものが好きで、ひまがあったらシャカシャカしていたと思います。

直接英語に関係あるかは分かりませんが、知育の意味でとても良かったです♬

音の鳴るおもちゃとこはむ

効果

めちゃくちゃ効果ありますよ!絶対やったほうがいい!!!!

…と言いたいのですが、1歳になったばかりでまだまだ反応が見えづらいです。

0歳でおうち英語をすると、我が子の反応が薄いので、「ほんとにこれで効果あるんだろうか…」と迷いが生じてくるんですよね。

それでも、少しではありますが効果はありました。

  • お母さんの真似をして”apple”と”watch”を言った
  • 車の本を読んでいたら”Broom Broom”(日本語で「ブーブー」)を言った
  • 英語の絵本を読んでほしくて持ってくる
  • まだクオリティーは低いけれど英語の曲の振り付けをする
  • ワールドワイドキッズのDVDを流すと両手を挙げて喜ぶ
  • 「いないいない」と言うと「ばぁ~!」と返すが、”Peek-a-“と言うと”Boo!!”と言う(フリ付き)

そして上記以上に良かったことは、おうち英語をキッカケに親子で触れ合える時間をたくさん作れたことでした♬

おうち英語を取り入れることで眠る前の絵本タイムが習慣になったり、楽しくお歌遊びをしたり、0歳との触れ合いに慣れていないわたしにとっては、おうち英語は貴重な「コミュニケーションのツール」のひとつでした。

この点で本当におうち英語をやっててよかったと思います♬

気をつけたこと

英語のかけ流しはあまりしませんでした。

生まれたばかりの赤ちゃんが機械の音を認識してくれる自信がなかったからです。

英語を話す環境にある生後9か月の赤ちゃんを対象に行ったアメリカの実験があります。中国語を母語とする保育士と遊んだ赤ちゃんは、後のテストで中国語を聞き分けられたのに対して、音声や映像だけで中国語を聞いた赤ちゃんは、後のテストで中国語を聞き分けられなかったという結果が出ています。

参考記事:愛が育てる赤ちゃんの脳 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

なので、CDの音楽をかけ流すのではなく一緒に歌うようにしました

そのために発音記号も勉強し直して正しい発音をする努力をしました(下手だけど)。

ワールドワイドキッズのCDの解説本は、日本語にない発音などの注意書きがあって、しっかり読み込めばかなり使えます!

同じ理由で、DVDも見せるだけではなく一緒に見るようにしたり終わった後に出て来た言葉で声がけをしてみたりして、子どもの脳に英語が定着するようにしました。

要は子どもが興味をもって英語に触れあうかどうかが重要だと思ったんです!!

さらに気をつけたのは、日本語でもしっかり話しかけることです。日本語能力もしっかり上げたかったからです。英語は1日1時間程度にして、0歳のうちは英語の音やリズムを楽しむことに徹しました

おうち英語から遠ざかった時期の話

英語のイメージ

実はおうち英語から遠ざかった時期がありました。それは某NHKの番組を見てしまったからです。

その番組は、「英語はいつから始めればいいの?」というテーマを取り上げていたんですが、かなり早期英語教育に否定的だったんですよね。有名脳科学者まで出てきて早期英語教育のダメなところを挙げていました…。

そのうちひとつの理由が、「乳幼児期に英語圏に移住した子よりも、16歳以降に英語圏に移住した子の方が英語の習得率が早い」だったのですが、えええっっ!?って思いませんか?

だって3歳の子と16歳の子の言語能力ってそもそも天と地ほど違いますよね?そら、16歳の子の方が習得は早いでしょうよって突っ込みました。

他にもなぜ早期英語教育がいらないのかという理由がたくさん挙げられていました。

(本気を出せば大人になってからでも英語を習得できる、乳幼児期は日本語を形成するべきだ、などなど)

単純なわたしはやる気をなくし、1か月くらいモチベーションが下がっていたのですが、英語リトミックのイベントに出てまたモチベーションが上がりました。笑

それから、「そもそも母語の形成に影響が出るほど英語で語りかけてないじゃん」と主人に言われたのもモチベーションのアップにつながりました。笑

続けるコツ

0歳からおうち英語を始めた場合、効果が見えてくるのは数年後です。

目に見える効果ははっきり言って実感できません!そして上記のような、「早期英語教育は必要ない」といった情報に心がぶれることもあります。

長く続けるには情報に左右されない親のぶれない心が何より大切です!そして自分の掲げる「おうち英語の目標」を見失わないことです(わたしはよく見失います)。

また、おうち英語が義務になってしまうと負担になって長く続かなくなります。おうち英語を親子の触れ合いの一環として捉え、親子で楽しむ気持ちが大事です。1日できない日があっても、まぁいいか♬の精神でした。

さらには、「え!0歳から英語をやらせるの!?英才教育?意識高い系?」と言われてしまうこともあります。そんなときも、「そうです!!」とハッキリ言えるくらいの気持ちをもつことも大切です。世間の目は気にしていたらきりがないので…。

親がやらせたいことと子どもがやりたいことは違うと気づくのも長くおうち英語を続けるコツです。

親がいくら英語をやらせたいと思っても、そこに子どもの気持ちがなければ効率的な英語の学習はできません。子どもがやりたくないときは待つ姿勢も大事なのかなと思います!

まとめます。

POINT

  • 情報に左右されないぶれない心をもつ
  • おうち英語が義務にならない
  • 親子で楽しむ
  • 世間の目を気にしない
  • 親がやらせたいことと子どもがやりたいことは違うと気づく

最後に:おうち英語は赤ちゃんとの貴重なコミュニケーション!

いろいろ書きましたが、「おうち英語」を親子のコミュニケーションツールとして活用するくらいの気持ちで楽しむのが1番かな、とおうち英語を実際に続けてみて思っています♬

1歳になっても楽しみたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です